洋書「ハリー・ポッターVol1」で英文を英文のまま理解する練習

ハリー・ポッターVol1「Chapter ch2 The Vanishing Glass 」

意味の区切りを”/ ”で区切り、なるべく英文の語順を変えないように理解する練習をします。 これは和訳ではないので、日本語ではこうは言わないとか、文章がおかしいなどとは考えないようにしましょう。
実際の頭の中では、単語のままあるいはイメージにして理解しており、日本語に置き換えていないのです。しかし、それを日本語にすると、以下の例のようになるという参考として紹介しています。
スラッシュリーディングをすることで、次第にナレーションのスピードに思考が追いついていきます。

ハリー・ポッターVol1 Chapter 2-07

英文をそのまま先頭から理解する練習
He wouldn't have been surprised if it had died of boredom itself - /
もし蛇自身が退屈のあまり死んでも、驚かなっただろう、/
no company except stupid people drumming their fingers on the glass /
仲間もいなくて、指でガラスをトントンする愚かな人々以外に /
trying to disturb it all day long. /
一日中蛇を邪魔しようとして、 /

It was worse than having a cupboard as a bedroom, /
それはカップボードを寝室にしているよりも悪かった、/
where the only visitor was Aunt Petunia hammering on the door to wake you up - /
カップボードにはPetuniaおばさんがドアをドンドン鳴らして起こしに来るだけだった、/
at least he got to visit the rest of the house. //
少なくとも彼は家の他の部分を歩き回れるのだった。//

What came next happened so fast no one saw how it happened - /
次に何が起きたのか、早くて誰もどのように起こったのか見ていなかった、/
one second, Piers and Dudley were leaning right up close to the glass, the next, /
Piers と Dudleyがガラスの近くでちょっとよりかった瞬間、 /
the next, they had leapt back with howls of horror. //
次には、二人は恐怖の叫びをあげ飛び退いた。//
leap back で「飛び退く」の意味

As far as Harry had seen, the snake hadn't done anything /
Harryが見た限りでは、蛇は何もしなかった、/
except snap playfully at their heels as it passed, /
通り過ぎるときにふざけて彼らのかかとにかみついた以外は、 /
but by the time they were all back in Uncle Vernon's car, /
しかしVernonおじさんの車に全員が戻ったときには、/
Dudley was telling them how it had nearly bitten off his leg, /
Dudleyは、蛇に足を食いちぎられそうになったと話し、/
while Piers was swearing it had tried to squeeze him to death. //
Piersはというと、蛇が彼を絞め殺そうとしたと断言した。//

単語テスト ch2-7に出てくる単語

単語を確認します。

フラッシュカードで記憶の定着
単語のフラッシュカードを見る
次の単語帳に進む
次の単語帳を見る
単語帳に戻る
前の単語帳に戻る